スポンサーリンク

【ほわいとぱりろーる 清川屋】北川景子さん絶賛おすすめのロールケーキ!お取り寄せスイーツ!

【お取り寄せ】
スポンサーリンク

ほわいとぱりろーる

ほわいとぱりろーる とは?

2021年4月15日、TBS「櫻井・有吉 THE夜会」で、女優の北川景子さんの「鉄板お土産」として「ほわいとぱりろーる」が紹介されました。

わたしは、これは絶対食べたいと思い、すぐに「ほわいとぱりろーる」のお取り寄せをしました。

 

 

幸せを運ぶ天使のような真っ白ロールケーキ。

こちらのロールケーキを販売されているのが、「清川屋」。

清川屋は創始創業350年。

茶屋、旅籠屋から、雑貨屋、土産物店へと形を変え、「特産品文化創造企業」として現在に至っています。

 

そんな清川屋の「ほわいとぱりろーる」の販売総数は40万本を超えているのだそう。

期待がもてますね♪

選び抜いた極上のクリームを使った口溶けよい感動のクリーム。

絶妙な食感のスポンジのヒミツは山形県産の牛乳。

ミルキーでコクがあるのに後味スッキリ。

とのことです。

 

 

わたしが注文して手元に届くまでに、約1周間ほどでした。

 

さっそく期待を胸にダンボールを開けてみましょう!

「ほわいとぱりろーる」1本(¥1430税込)(送料別)

 

まだこの中は開けていません。

届いた日は冷凍庫に入れておきました。

おすすめの食べ方が記載されていましたので、是非そちらを参考に食べてみたいと思います。

 

次の日。

美味しい食べ方その①

①冷蔵庫で4時間ほどの半解凍で、アイスケーキとして。

先ずは冷蔵庫で4時間解凍させます。

昼に食べたかったので、朝起きて冷蔵庫にいれました。

…4時間後

ではさっそく箱を開けてみましょう!

なまえの通り「ほわいと」です。

生地はまだ半解凍なので少し固めです。

こちらが「ほわいとぱりろーる」です。

ナイフでカットすると、生クリームが「しゃりしゃり」と音を立てています。

生地もくりーむも「ほわいと」です。

ネーミングも良いですね!

一回聞けば忘れません。

それではさっそく一口パクリ。

生地はやわらかく、クリームがバニラアイスのような食感です。

甘さひかえめで乳味が強いクリームが美味しいです。

これは北川景子さんが仰っていたように、1本いけるかも?

 

美味しい食べ方その②

②冷蔵庫で7時間ほど解凍し、もちっとしっとりの食感を楽しめる。

先程食べた時間からさらに3時間…。

う〜待ち遠しい。

…解凍から7時間後。

 

やっと解凍された「ほわいとぱりろーる」が食べれる時間になりました。

それではまたまた、いただきます!

生クリームのコクがとても美味しいです。

これはクセになります。

一口、また一口と食べていると、あっという間に1本なくなってしまいました ^^;

 

 

まとめ

卵黄が入っていないロール生地なので、独特の卵の風味がなくクリームをジャマしません。

生地もクリームも、ミルキー感たっぷりの一品です。

スッキリとした後味なので、どんどん食べれてしまいます。

ただ、想像よりスポンジはふわふわではなく、しっかり目の食感でした。

しかしそれを踏まえても美味しく、オススメしたいロールケーキです。

季節限定のバリエーションがあるそうです。

今の季節は「さくらんぼ」です。

 

さくらんぼも気になっています(笑)

 

京都にある「アッサンブラージュ カキモト」さんの「ルーロー・ピスターシュ」もおすすめ!!

 

次回も美味しいスイーツをご紹介します。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

それではまた( ・ิω・ิ)

コメント

タイトルとURLをコピーしました