スポンサーリンク

【パティスリー オベイサン】神奈川県茅ヶ崎市にあるオススメのケーキ屋はここ!

【神奈川県】
スポンサーリンク

パティスリーオベイサン

パティスリーオベイサン

2020年12月4日 神奈川県茅ヶ崎市にオープンした「パティスリーオベイサン」。

シェフは東京の目白駅にある「エーグルドゥース」出身だそうです。

「エーグルドゥース」と言えば日本屈指の有名店です。

そんなお店出身ということもあり、期待を胸に行ってきました。

 

オベイサンとは?

フランス語で、「素直な」「純粋な」と言う意味で、シェフがお菓子に込める気持ちが伝わる素敵な店名です。

 

お店情報・アクセス

 住所:〒253-0023 神奈川県茅ヶ崎市美住町2−1 1階

お問い合わせ:0467-81-4168

営業時間:11:00〜18:00

定休日:月曜日

駐車場:なし

公式アカウント:https://www.instagram.com/patisserie.obeissant?igshid=1sa5a7mchydmx

アクセス:

東海道本線 辻堂駅 徒歩25分

東海道本線 茅ヶ崎駅 徒歩23分

 

駅からバスもあるそうで、「ひばりが丘(茅ヶ崎市)」下車 徒歩1分です。

少し辺鄙な場所ではありますが、車で起こしの際はお店の近くにパーキングがありますので、

そちらに停めて徒歩3分位です。

 

さて、さっそくお店の外観です!

店内

建物とお店の外観が馴染んでいる、地域密着のお店創りです。

「PATISSERIE」の文字が大きく目立ちます。

さっそく中へ入ってみましょう。

店内に入ると先ずは目の前にショーケースがお出迎え。

生菓子のアイテム数はそこまで多くはないです。

7種類とロールケーキが1種類でした。

夕方に行ったので、ケーキも少なくなっていました。

ショーケースの上には半生菓子が並べられています。

「プティグルマン」(๑´ڡ`๑)

プティグルマンとは?

アーモンドクリームとお酒に漬け込んだドライフルーツを生地にはさんで焼いたお菓子。

 

お酒に漬け込んだドライフルーツと聴くとどうしても食べたくなってしまいます。

こちら、購入しましたので、後ほどご紹介します。

カヌレにフォンダンショコラ、フランス伝統菓子や人気菓子が並びます。

フォンダンショコラとは?

「フォンダン」とはフランス語で「溶ける」の意味。

「クーラン・オ・ショコラ」というお菓子が起原で、約30年ほど前にフランス人シェフのミッシェル・プラス氏が考案したのだそう。

「クーラン」はフランス語で「流れる」という意味で、生地の中からチョコレートが流れ出てくるお菓子を指します。

 

ショーケース横にはサブレ、コンフィチュールが並びます。

コンフィチュールとは?

ジャムのことです。

 

木の棚がとても温かみを感じさせてくれます。

お店奥には数多くの焼き菓子が、キレイに陳列されていました。

お店は大きなガラス張りになっていて、店内が明るく居心地の良い空間となっています。

 

さて、優柔不断なわたしが、悩みに悩んで購入したケーキたちを順にご紹介します!

ご紹介するケーキたちはこちら!

  • フロマージュキュイ(¥480税込)(奥)
  • クレームブリュレ(¥450税込)(左)
  • クレーム・キャラメル(¥420税込)(右)
  • フォンダンショコラ(¥320税込)(手前)

どれもシンプルなケーキですが、その分ごまかしが効かないので、味や食感はストレートに伝わります。

もう1アイテム。

  • プティ グルマン(¥320税込)

 

「フロマージュキュイ」

フロマージュとは?

フランス語で「チーズ全般」のことを指します。

キュイとは?

一般的にレストランなどでは「火入れ」という意味で使われます。

煮た、焼いた、加熱処理した、調理した、などの意味があります。

 

上記のことから、「パティスリーオベイサン」さんの「フローマージュキュイ」は、焼きチーズケーキの事を指します。

それでは食べてみましょう♪

底にはサブレ生地、その上にフランボワーズジャムが塗られています。

フランボワーズの種のツブツブも食感のアクセントに。

しっかりと果肉から作られているのが分かります。

チーズケーキの甘みと酸味がクセになるおいしさ。

また、食感が絶妙な柔らかさです。

フォークを入れた後のケーキを見て下さい!

横に潰れて膨らんでいるのがわかりますか?

とても柔らかい食感です。

サイズも小さめなので、ペロッと食べきりました。

 

「クレームブリュレ」

注文して、再度表面をバーナーであぶってくれました。

表面の砂糖が溶けて飴状になり、かりかりした食感がおいしいクレームブリュレです。

クレームブリュレとは?

フランス語で「焦がしたクリーム」という意味で、その名の通り表面には砂糖をバーナーで焦がした、硬いカラメルの層が特徴です。

カスタードプディングとにたデザート。

 

スプーンを入れてみましょう。

購入して2時間近く経ってしまったので、さすがに表面のかりかり感はありませんでした。

ちょっと残念 ^^;

一口パクリ。

な、なんと!!

飲み物ですか?

何と表現しましょう?

トロトロなめらかで、口に入れた瞬間にのどを通り抜けていました(〃∇〃)

固まっていません。

とてもやわらかいカスタードクリームが陶器に入っているだけのような、そんな口溶けでした。

 

「クレームキャラメル」

こちらのプディングもとろっとろ、なめらか。

上に絞ってあるキャラメルクリームがけっこうビターです。

プディングは卵の風味、旨味が感じられます。

甘さと苦味のバランスが良く、飽きずに食べきれます。

 

「フォンダンショコラ」

真中のくぼみが完全に火が入りきる前にオーブンから取り出していることが分かります。

生地の周りだけ高温で火を入れて固めて、中はとろとろのままです。

これを常温でチョコレートの凝固力で固まるとこの状態になります。

さらに電子レンジで数秒温めると、センターのチョコレートが再び柔らかくなり、溶け出してくるという仕組みです。

さて、電子レンジで温めてみましょう♪

しかーし…温めすぎてしまった。゚(゚´Д`゚)゚。

温めすぎると生地に熱が入りすぎてしまい、逆にかたまってしまいます。

チョコレートは流れ出してきませんでしたが、とろとろっとした食感が楽しめました♪

 

「プティ グルマン」

プティとは?

フランス語で「小さい」「小型の」という意味。

グルマンとは?

フランス語で「食いしん坊」という意味。

 

ですので、「プティ グルマン」は「小さい形の食いしん坊スイーツ」的な意味でしょうか?

食いしん坊という意味なので、アーモンドクリーム、お酒に漬け込んだドライフルーツ、ナッツがゴロゴロ乗せてあります。

シュー生地の上にアーモンドクリーム、ドライフルーツ、ナッツを乗せて焼かれたお菓子。

お酒が良い感じで効いています。

甘さの中にもキレがあり、美味しく頂きました。

 

最後に

「パティスリーオベイサン」さんのガトー(生菓子)はどれも分かりやすく、選びやすいラインナップです。

どれも素材の旨味は引き立っている事と、とにかく食感がスゴイんです。

なめらか、とろとろ、です!

お店までは少し行きにくいですが、神奈川県茅ヶ崎方面へ行く機会があれば、是非立ち寄ってみてはいかがでしょうか?

次回は「パティスリーオベイサン」さんの焼き菓子をご紹介いたします!

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

それではまた( ・ิω・ิ)

コメント

タイトルとURLをコピーしました