スポンサーリンク

【オクシタニアル】水天宮前駅でおすすめのパティスリー!フランス菓子専門店の美しいケーキ!

【東京都】
スポンサーリンク

オクシタニアル

 

オクシタニアル とは?

2014年1月12日、水天宮前交差点すぐ近くに、フランス菓子専門店「オクシタニアル」がオープンしました。

たねやグループで、バームクーヘンが人気の「クラブハリエ」が手掛けるお店です。

 

エグゼクティブシェフであるステファン・トレアン氏は、MOF(フランス国家最高職人)の称号をもつ。

コンセプトは「故郷のような懐かしさと安らぎを」。

ステファン・トレアン氏の故郷、南フランスのお菓子をベースに、南仏の太陽を想わせる黄色がお店のメインカラーです。

工房シェフは、国内外で数々の受賞歴をもつ中山和大氏が腕をふるい、シェフの故郷である南仏のお菓子をベースに、オリジナリティあふれる「ここにしかないもの」を提供し続けています。

 

オクシタニアルとは?

蝉(セミ)という意味。

南仏では幸福のシンボルです。

 

アクセス

※ホームページ抜粋

所在地 〒103-0014 東京都中央区日本橋蛎殻町1-39-7
TEL 03-5645-3334
営業時間

※台風・大雪等の影響で営業時間を変更させていただく場合がございます。 特別警報発令時は、予告なく臨時休業させていただきます。

定休日 定休日:1月1日

定休日:なし

Access 地下鉄 水天宮前駅 6番出口すぐ

 

 

 

店内のショーケースは色鮮やかなケーキたちが並んでいます。

店内は広々としていて、居心地の良い空間です。

飴細工も飾られています。

ショーケースの中にもキレイに飾られたオブジェが。

商品数も多く、今回もどれにしようかと迷いに迷いました ^^;

 

その中で今回購入したケーキたちはこちら!

  • ルシア(¥594税込)(手前)
  • エリソン(¥880税込)(右側ハリネズミ)
  • モラン(¥693税込)(左側)
  • プラージュ(¥693税込)(奥)

 

「ルシア」

グレープフルーツとオリーブオイルのムース。

ゼラチンの固まりがギリギリの為、持ち運びの振動でケーキが歪んでしましました ^^;

オリーブのムースって食べた事ありますか?

わたしは初めて食べます(〃∇〃)

グレープフルーツのクリームとジュレが、オリーブオイルのムースの中に入っています。

一口食べると、グレープフルーツの爽やかな酸味、ほのかな苦味が感じられます。

そのあと、絶妙なオリーブ味が感じられ、これが本当に美味しいんです♪

オイル以外の脂肪分を落として軽くサッパリと仕上がっています。

形状は変えてありますが、「スイーツコレクション」で紹介されたケーキです。

初めての食べた味で感動しました。

このケーキはオススメですね〜!

 

東京都洋菓子協会の公式ホームページに、「スイーツコレクション」の情報も掲載されています。

ジャパンケーキショー | 公益社団法人 東京都洋菓子協会
ジャパンケーキショー について。公益社団法人 東京都洋菓子協会

 

「エリソン」

なんて可愛いケーキなんでしょう(〃∇〃)

食べるのがもったいない。(笑)

バニラのババロワの中に、チョコレートのガナッシュとキャラメルが入っています。

ハリネズミちゃんの中にもしっかりとチョコレートのガナッシュとチョコレート生地が。

 

エリソンとは?

フランス語で「ハリネズミ」を意味します。

 

どこからみても可愛いですね!

これは絶対買いたい可愛さです♪

バニラとチョコレートとキャラメルの組み合わせなので、お子様も大好きな味です!

とても食べやすい味わいです。

 

「モラン」

濃厚なチョコレートムースの中には、マンゴーとパッションのエキゾチックジュレ。

その下にはライムの香りがアクセントのミルクチョコムース。

底にはサクサクのサブレ。

サブレの上にはチョコレート生地が1枚入っているので、ムースの水分がサブレに移行せずにサクサクのままです。

こちらのケーキはお菓子のW杯といわれる「クープ・デュ・モンド・ドゥ・ラ・パティスリー2015」の国内予選で優勝した作品からきているケーキです。

わたしの今回のお目当てケーキでした!

口溶けよく、ライムのアクセントが食べやすいムースでした。

「オクシタニアル」さんに行ったら1度は食べたいケーキです。

 

「プラージュ」

これもまた可愛い(〃∇〃)

バナナ風味のビスキュイ生地。

ココナッツのバタークリームで、パイナップルとマンゴーのジュレをサンドしています。

ココナッツのバタークリームも初めて食べましたが、パイナップルとマンゴーのジュレと相性抜群です。

クリームも重すぎずジュレが入っているので食べやすいケーキでした。

 

プラージュとは?

フランス語で「砂浜・浜辺」を意味します。

 

その名の通り、浜辺を歩いているヤドカリを想わせますね(〃∇〃)♪

とても可愛くて夏らしさを感じさせてくれる美味しさでした。

 

最後に

オクシタニアル」さんのケーキたちは、素材の使い方や合わせ方が新鮮です。

中山シェフが仰っている「唯一無二のケーキ」がここにあります。

中山シェフならではの独創的かつ斬新なケーキが魅力的です。

食感はどれも柔らかめ。

計算されたギリギリ保形成で、口溶けがすごいんです。

素材の美味しさが一つのケーキに最大限に表現されています。

食べたケーキはどれも美味しかったので、オススメします。

是非食べに行ってみてはいかがでしょうか。

 

最後になりますが、「クラブハリエ」さんと言えば「バームクーヘン」です。

治一郎」さん、「ユーハイム」さんの「バウムクーヘン」を紹介した記事がありますので、こちらも是非併せてご覧ください(〃∇〃)

 

 

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

それではまた( ・ิω・ิ)

コメント

タイトルとURLをコピーしました