スポンサーリンク

【ル・ポミエ】麻布十番駅にあるおすすめのパティスリー!ウィークエンドシトロン!

【東京都】
スポンサーリンク

ル・ポミエ

ル・ポミエのウィークエンドシトロンとポムダムール

 

前回は「ル・ポミエ」さんのお店、マドレーヌシェフの経歴、生菓子のご紹介をしました。

⬇是非こちらも併せてご覧ください。

 

ル・ポミエさんのお取り寄せスイーツもご紹介!

 

 

 

 

さて、今回は2種類のスイーツをご紹介致します。

  • ポムダムールタタン柚子(¥2268税込)
  • ウィークエンドシトロン(¥2052税込)

 

ポムダムールタタン柚子

木箱に入った、リンゴ型のボンボンショコラ。

見た目にも品があります。

 

ポムダムールとは?

フランス語で「リンゴ飴」を意味します。直訳すると「愛のリンゴ」です。

ポムは「リンゴ」の意味です。

 

フタを開けてみると、つい「わぁ」と声を上げてしまう可愛らしいリンゴの形(〃∇〃)

箱から出して見るとまさに小さいリンゴそのものです。

2種類の味が楽しめるんですね♪

 

ポム ユズ

フレッシュな柚子の果肉と表皮を使用したガナッシュが入っています。

こちらに使用されている「柚子」には、奥様の実家がある埼玉県のお知り合いの畑から、無農薬の物を買って使用されているのだとか。

チョコと柚子はもう王道の組み合わせですね!

口溶け良いガナッシュに爽やかで酸味のある柚子がアクセント。

食べやすいです。

 

ポム タタン

タルトタタンがショコラに。

中にリンゴとキャラメルのガナッシュが入っています。

このガナッシュはタルトタタン風に味付けされたイメージです。

フレッシュのリンゴの食感が感じられます。

まさにタタンですね!

チョコレートとの相性抜群で、これは美味しい!

 

タルトタタンとは?

砂糖とバターで煮詰めたリンゴを型に敷き詰め、その上からタルト生地をかぶせて焼いたフランス菓子。

「タタン」はタタン姉妹の名前から取ったもので、リンゴをバターと砂糖で炒めていたところ、焦がしてしまい失敗したところから生まれたお菓子なんです。

まさに失敗は成功の元〜(笑)

 

ウィークエンドシトロン

 

ウィークエンドシトロンとは?

フランスの伝統菓子で、「ウィークエンド」とは英語で「週末」を意味し、「大切な人と一緒に食べる為のお菓子」という意味が込められているんですね♪

 

こちらのウィークエンドは食べごたえがありそうです(笑)

優しいレモン味です。

歯切れのよい生地にフォンダン(グラスアロー)がかかっています。

 

フォンダンとグラスアロー

2つとも粉糖を使った糖衣の事。

フォンダンは砂糖と水を火にかけて煮詰めたものを、さましてクリーム状にしたもの。

グラスアローは粉糖に水やレモン汁、お酒などを混ぜた流動性のある糖衣のこと。

 

 

ケーキの周りにはパールシュガーとアーモンドアッシェが付けられていて、一手間かけられています。

甘みがけっこう強めの生地でレモンの酸味がもう少しあったほうが、わたし好みです。

生地も甘く、フォンダンも甘め、周りに付けてあるパールシュガーももちろん甘いので、少し酸味のキレが欲しいところです。

わたし好みはレモンをもっと効かせたいところですが、こちらは十分美味しい焼き菓子となっています。

 

最後に

「ル・ポミエ」さんのケーキは全体的に食べやすいです。

子供から大人まで多くの人に愛される美味しいケーキを創られているのが伝わってくるケーキたちでした。

素材へのこだわり、美味しさ、完成度の高さから、ケーキたちのお値段もそこそこお高く感じました^^;

たくさん食べたいのですが、たくさん買えません(泣)

麻布十番は港区の三大高級住宅街に数えられるほどですので、お値段も納得です。

 

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました