スポンサーリンク

【ラ・ヴィエイユ・フランス】東京・千歳烏山駅おすすめのパティスリー!フランス伝統菓子!

【東京都】
スポンサーリンク

ラ・ヴィエイユ・フランス

ラ・ヴィエイユ・フランス とは?

 

 

前回「ラ・ヴィエイユ・フランス」さんのお店や「プティガトー」を紹介しました!

今回ご紹介する焼き菓子はこちら!

ガトーバスク・オ・ショコラグリオット(¥420税抜)(左上)

ボベス(¥380税抜)(右上)

ブラウニー(¥420税抜)(手前)

「ガトーバスク・オ・ショコラグリオット」(¥420税抜)

わたしがお店に伺った際、新作ケーキとして出されていました。

キャラメルショコラとグリオットを包んで焼き上げています。

クッキーは厚めで、歯切れの良いサクほろっとしたソフトな食感

美味しい(๑´ڡ`๑)

これぞフランス伝統の焼き菓子「ガトーバスク」です(〃∇〃)

 

グリオットとは

フランス語でサクランボのこと

 

ガトーバスクとは

フランス西南、フランスとスペインの国境にまたがるバスク地方の焼き菓子。

厚めのクッキー生地に、カスタードクリームを混ぜたアーモンドクリームやサクランボのジャムを入れて焼き上げます。

表面にはフォークなどで模様をつけますが、「ラウブル」というバスク地方に語り継がれる模様が描かれるものもあります。

 

わたしも分からなくなってしまう時があるので、「ガトーバスク」に似た「ガトーブルトン」もご説明します!

 

ガトーブルトンとは

フランス北西のブルターニュ地方の焼き菓子。

この地方は酪農と海塩作りが盛んです。特産のゲランド塩が効いた有塩バターをたっぷり使うのが特徴。

プルーンを挟んで焼き上げるものもあり、ソフトクッキーのような食感です。

ガトーブルトン」ににている「ガレットブルトンヌ」^^;

もう何がなんだか分からなくなってしまいますが、大きな違いは「ガトーブルトン」の方が、使用するバターの量が多いのだとか。

 

ガトーブルトン」は以前、「ラトリエ ヒロ ワキサカ」さんでご紹介しました!

とっても美味しかったので、こちらも是非ご覧ください♪

 

「ボベス」(¥380税抜)

木村シェフはフランスのネゲルで修行され、大好物だという「ボベス」。

クッキー生地にアーモンドクリームを延ばし、レーズンやナッツ、オレンジピールなどをちりばめ、くるくるロールケーキみたいに巻き、上に「シュトロイゼル」を乗せて焼き上げています。

ざっくりとした食感で香ばしいです!

もともとはドイツ菓子で、フランス北東のドイツとの国境付近でもつくられている、アルザス地方菓子。

シュトロイゼルとは

小麦粉、バター、砂糖などをまぜ、そぼろ状にしたもの。

 

「ブラウニー」(¥420税抜)

底にショコラのサブレを敷いて焼いています。

なんてしっとり濃厚なブラウニーなんでしょう(๑´ڡ`๑)

お土産にも絶対喜ばれる美味しさ!!

もしお土産に買うなら自分用にも買ってしまいます(笑)。

アーモンド入チョコレートでコーティングしてあるのも食感のアクセントに◎

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

それではまた( ・ิω・ิ)

コメント

タイトルとURLをコピーしました