スポンサーリンク

【菓匠 徳増】ハロウィン限定シフォンケーキ!看板商品の岩苔も味わいます!〜上永谷駅〜

【神奈川県】
スポンサーリンク

菓匠 徳増

菓匠 徳増

私のお気に入りの和菓子店「菓匠 徳増」さん。

横浜にある和菓子屋さんではダントツの美味しさです!

毎回足を運ぶ度に、新作スイーツが並べられてあります。

 

 

アクセス

最寄り駅:横浜市営地下鉄 上永谷駅1番出口 徒歩8分

所在地:神奈川県横浜市港南区丸山台3−30−4

営業時間:10:00〜12:00 13:00〜17:00 (12:00〜13:00一時休憩)

定休日:月曜日・火曜日

お支払い:現金のみ

駐車場:なし

お問い合わせ:045-370-7705

 

※営業時間等変更の場合がございますので、下記公式サイトよりご確認下さい。

 

 

さて、今回はどんな新作スイーツで楽しませてくれるのでしょうか(〃∇〃)

 

お店に入ると先ずは秋の味覚、「和栗のフィナンシェ」のお出迎え。

あれれ?

本日土曜日の午後3時半過ぎ。

和菓子がほぼ売り切れ・・・

ガーン( ;∀;)

残っていたのはこちら。

芋ようかん。

ショーケースもほぼなくなっていて、私が店内を見ているとお店の名物「岩苔」が運ばれてきました。

 

徳増さんはいつも午前中に行っているのですが、やはりお目当ての和菓子を食べるなら絶対に午前中に行きましょう!

 

さて今回購入したお菓子たちはこちら!

購入したお菓子たち

 

  • 岩苔(¥432税込)
  • 南瓜チーズケーキ(¥346税込)
  • シフォンセット(¥864税込)・・ハロウィン限定バージョン
  • 芋ようかん(¥270税込)
  • 和栗のフィナンシェ(¥303税込)
  • 金胡麻プラリネ(¥1296税込)

 

それでは1つずつご紹介していきます!

岩苔

※下記ホームページ抜粋

当店看板商品 抹茶のシュークリーム
カスタード、シュー皮、クッキー生地、それぞれに適した抹茶を厳選し、贅沢に使用しました。
石臼で丁寧に挽いた京都産宇治抹茶を使用していますので、とても香り高く、濃厚です。

こちらのまん丸のシュークリームは「菓匠 徳増」さんの看板商品。

抹茶ずくしのシュークリームです。

半分にカットすると、とろ〜りクリームが。

さっそく一口パクリ。

しっかり目に焼かれたシュー生地なので、サクッととした食感。

旨味ある生地に負けない濃厚な抹茶クリーム。

クリームは口溶けなめらかです。

生地の上にも抹茶パウダーがふられていて、抹茶の苦味が大人の味わいに。

抹茶の香りが鼻から心地よく抜けて行きます。

抹茶好きには是非味わって頂きたい一品です。

 

南瓜チーズケーキ

こちらのチーズケーキはしっかりと焼かれていて固めです。

思った以上に固いです。

底にはサクッと食感のクラムが。

一口食べると品のあるカボチャ味のチーズケーキです。

トッピングされたクリームにシナモンが効いていて、良いアクセントになっています。

 

和菓子屋産のシフォンケーキ〜ハロウィン限定のかぼちゃモンブラン

以前もこちらのふわふわシフォンケーキを頂きました。

もうふんわふわ(〃∇〃)

前回のシフォンケーキは「和梨とシャインマスカット」でこちらもシフォンケーキと相性抜群でした。

 

 

今回は秋の味覚、かぼちゃのモンブランと合わせてみましょう!

こちらのモンブランだけでも十分美味しいのですが、シフォンケーキとセットなので、合体して食べてみます。

お好みに合わせて付けて食べれます♪

このシフォンケーキはホールで食べれてしまいます笑

かぼちゃクリームにシナモンのアクセントがまた美味しさを引き立てます!

 

芋ようかん

こちらの 芋ようかん がまた美味しいのなんのって!

お芋をそのまま食べているかのように、食べごたえがあります。

お芋本来の甘さに加え、食感も滑らかで、甘すぎずとても品のあるお味です。

 

和栗のフィナンシェ

栗の形をしたこちらのフィナンシェ。

可愛らしいサイズです。

4cmほどの大きさ。

栗餡が練り込まれた生地に、栗の蜜漬け、自家製ラムレーズンが混ぜ込まれています。

パティシエである私がびっくりする美味しさです!

材料の組み合わせ方など参考になります笑

黒糖のコクの出し方など、和菓子屋さんらしいウマい使い方です。

 

菓匠徳増さんでは、波照間産黒糖をよく使用されています。

徳増さんで使用されている黒糖とは違いますが、私も波照間産黒糖でスイーツの開発をしてみます!

 

 

金胡麻プラリネ

こちらなんと 12枚で¥1296(税込)という価格にビックリしました(@_@;)

高級品です!

 

金胡麻で自家製プラリネを作り、生地に混ぜ込んであるのだそう。

 

金胡麻ってなんだろう?

菓匠徳増さんで使用している物とは違いますが、ネットでも購入可能です。

 

どうやら 最高級で、ゴマの王様と言われているゴマなんですね〜

 

さて、さっそくこちらのディアマンを食べてみましょう!

フタを開けた瞬間の香ばしいかおり。

さくっと歯切れの良いクッキーです。

一口食べればゴマの旨味、香りが口いっぱいに広がります。

プラリネのキャラメルの甘み、苦味が絶妙です。

また、ほのかに感じる塩味が美味しさを引き立てています。

これは間違いなく最高のディアマンです!

 

ディアマンとは?

フランス語でダイヤモンドを意味します。

クッキーの周りに付けられた砂糖のキラキラ光る見た目から、ディアマンと付けられたんだとか。

 

最後に

ごちそうさまでした!

毎回楽しみにお店に行きますが、どれを食べても美味しいんです。

特にレジ横に並べられた和菓子たちは必ず食べて欲しいです!

 

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

それではまた( ・ิω・ิ)

コメント

タイトルとURLをコピーしました