スポンサーリンク

【ラム酒のバウムクーヘン】TVで話題沸騰!ユーハイムが手掛ける究極のバウムクーヘン!

【神奈川県】
スポンサーリンク

ラム酒のバウムクーヘン

ユーハイムとは?

まっすぐなおいしさ」が企業理念を言葉にしたスローガン。

「まっすぐな」とは、不必要な食品添加物を使わず、自然の素材本来のおいしさを追求するユーハイムさんのお菓子づくりの基本姿勢を意味しています。

「ユーハイム」の創業者「カール・ユーハイム」氏は、1919年に初めて日本で「バウムクーヘン」を焼き上げた人です。

バウムクーヘンの歴史はユーハイムさんの歴史でもあるんですね。

ちなみに毎年3月4日は「バウムクーヘンの日」なんですよ!

 

 

 

 

ラム酒のバウムクーヘン

2021年5月30日に放送された「坂上&指原のつぶれない店」で、お笑い芸人「ぼる塾 田辺さん」と共同開発されたバウムクーヘン。

こちらが2021年6月4日(金)から販売開始となりました。

当日に地元の百貨店にある「ユーハイム」さんを訪れたのですが、まだ販売されておらず、予約注文になりました。

6月10日(木)が最短予約日だったので、すぐに予約をお願いしました。

待ちに待った当時、仕事帰りに購入し帰宅。

 

こちらが「ラム酒のバウムクーヘン」の化粧箱になります。

リボンが少し曲がっていますが、ご愛嬌ということで ^^;

「ラム酒のコクと香りのバウムクーヘン〜山椒を添えて〜」

¥2970(税込)

 

中身をさっそく見てみましょう!

オープン!

しおりも一緒に入っています。

究極のバウムクーヘンシリーズ2作の商品説明と、今回のラム酒の説明が丁寧に書かれています。

袋を開けてみると、さっそくラム酒の香りが漂ってきます。

品のあるいい香りです♪

茶色っぽい色をしています。

ジャマイカ産ダークラム「OLD JAMAICARUM(生地に使用)と、国産ゴールドラム 高知・菊水酒造「SEVEN SEAS  GOLD」(グラズーワという砂糖衣に使用)のこだわりの2種のラム酒を使用

さらにアクセントに山椒が効かせてあります。

それではさっそくいただきます!

鼻からラムの香りを楽しみながら一口パクリ。

食べた瞬間ラムの香りが口の中いっぱいに広がります!

一口で美味しさが伝わってきます。

しっとりとした生地、少しシャリっとした食感のグラズーワ(砂糖衣)。

こちらが口の中で溶けて甘みとラムの香りをプラスしてくれます。

ピリッとした独特の清涼感ある山椒がアクセントに。

とても優しいシビレです(〃∇〃)

生地のコクと甘さ、ラム酒の香り、山椒のシビレ。

全てが口の中で合わさった時、まさに「究極の旨さ」になります。

間違いなくオススメの商品です。

店頭で売っていればもう1つ購入したいくらいです。

 

こうなると、「究極のバウムクーヘン」シリーズの他の2種も食べたくなってしまします ^^;

 

ユーハイムのバウムクーヘン

ラム酒のバウムクーヘン」と味を比較するために、プレーンのバウムクーヘンも一緒に買いました!

自分用にも、ちょっとした手土産にもおすすめサイズ。

3切れで¥399のお手頃価格です!

しっとりとした口当たりで、噛むほどに旨味、甘みが感じられます。

目の細かさやコク、食感もしっかりとしていて、素材の美味しさが際立っています。

バニラの香りが後から引き立ちます。

やはり「バウムクーヘン」と言えば「ユーハイム」さんですね!

本当に美味しいです!

 

 

 

最後に

「バームクーヘン=ユーハイム」とわたしは思っています。

添加物を使用しない、純正自然のおいしさを謳っているユーハイムさんならではの味わい。

ユーハイムさんのバウムクーヘンはギフトとしても使用させて頂いております。

とにかくオススメの美味しさですよ♪

 

治一郎さんのバウムクーヘンも前回ご紹介させて頂きましたので、併せてご覧ください。

ユーハイムさん、治一郎さん、わたしの中でバウムクーヘントップ2です!

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

それではまた( ・ิω・ิ)

コメント

タイトルとURLをコピーしました