スポンサーリンク

【ホテル インターコンチネンタル 東京ベイ】世界レベル!徳永シェフのスイーツが味わえる!

【東京都】
スポンサーリンク

ホテルインターコンチネンタル 東京ベイ

ホテル インターコンチネンタル 東京ベイ

1F ロビーフロアの「ザ・ショップN.Y.ラウンジブティック」では、エグゼクティブ シェフ パティシエ徳永純司氏のスイーツが味わえます

徳永純司シェフは、「ザ・リッツ・カールトン大阪」「ザ・リッツ・カールトン東京」で活躍し、「クープ・デュ・モンド・ドゥ・ラ・パティスリー2015」日本代表として参加し、世界大会で準優勝。

チョコレートピエス部門1位。その他、数々のコンテストで功績を残しています。

2016年4月より、「ホテル インターコンチネンタル 東京ベイ」のエグゼクティブ シェフ として活躍されています。

そんな徳永シェフのケーキを食べに行ってきました。

 

わたしは浜松町駅から歩いたのですが、ゆっくり歩いて10分程でした。

竹芝駅からだと1分です。

とてもキレイなホテルです。

1度はこのホテルに泊まってみたいですね(〃∇〃)

 

 

正面入口すぐ左が今回のお目当て。

「ザ・ショップN.Y.ラウンジブティック」

さっそく中に入ってみましょう。

「ザ・ショップN.Y.ラウンジブティック」のお店の目の前には、チョコレート細工と飴細工が飾られてあります。

楽しませくれますね〜♪

 

ショーケースはどうでしょうか!

と思いきや( ゚д゚)ハッ!

あれれれ…?

ケーキが……!!

……ない (^_^;)

夕方に訪れたという事もあり、ほとんどのケーキが売切れていました。゚(゚´Д`゚)゚。(泣)

焼き菓子もギフトで箱売りのみと、パウンドケーキの1本売りのみで、種類は少なめでした。

 

アクセス

「ホテル インターコンチネンタル 東京ベイ」

住所:〒105-8576 東京都港区海岸1丁目16番2号
Tel: 0570-000222(ナビダイヤル)
Fax: 03-5404-2111(代表)

  • JR山手線・京浜東北線 / モノレール「浜松町駅」より徒歩8分
  • 都営大江戸線 / 浅草線「大門駅」より徒歩10分
  • 新交通ゆりかもめ「竹芝駅」からはホテルへ直結 徒歩1分

 

 

インターコンチネンタルホテル東京ベイ オンラインショップ

https://www.interconti-tokyo.com/restaurant/patisserie/onlineshop.html

 

 

さて、ほとんど売切れでしたが、今回購入したケーキたちはこちら!

購入したケーキたちはこちら!

「生菓子」

  • Yuzu(¥620税抜)(手前)
  • Caracok(¥780税抜)(左)
  • Araguani Citron(¥780税抜)(右)
  • Fraisier(¥700税抜)(奥)

 

「焼き菓子」

  • Cake Caramel  Fig(¥2200税抜)

 

それでは1つずつご紹介していきます♪

 

Yuzu(柚子)

黄色いピストレを付けたバニラムースの中には、柚子ムースとコンフィチュールが爽やかな味を引き立てています。

コンフィチュールとは?

ジャムのことです。

 

柚子の酸味と香りがとても美味しいです。

上に飾られているのはヘーゼルナッツでしょうか?皮付きパウダーを練り込んだメレンゲです。

しっとりしていました。

柔らかく軽やかな食感でペロリと食べきれます。

 

Caracok(キャラコック)

エクストラアメール67%(ヴァローナ社)のスポンジと、キャラメリア(ヴァローナ社)のムース。

マンゴーとパッションのジュレが飾りのチョコレートの中に忍ばせてあります。

酸味と甘味のマンゴーとパッションが、チョコレートの甘みを引き立てています。

チョコレートとの相性抜群の一品。

やわらかな食感のムースと、しっかり目の生地、底にチョコレートをからめたクッキーのようなものが敷かれています。

ケーキの周りにはパールクラッカン。

イロイロな食感が楽しめます。

 

Araguani Citron(アラグアニ シトロン)

アラグアニ72%(ヴァローナ社)をムースとクリームに。

 

 

レモンのジャムを混ぜ込んだスポンジ。

グラサージュにレモンの酸味を効かせ、甘さと酸味のバランス良い一品。

絞りや、ケーキの周りに付けてあるパールクラッカンなど、細かい仕上げになっています。

センターの生地が多そうですが、濃厚で甘みの強めなチョコレートのムースとのバランスが良いです。

 

 

Fraisier(フレジエ)

苺の季節には外せないお菓子、フレジエ。

苺を丸々クリームでサンドしています。

色鮮やかなピスタチオのムースリーヌにサクランボのお酒、キルシュが効いています。

軽めで柔らかく、口溶け良いクリームです。

苺とピスタチオ、王道の組み合わせ。

「Cake Caramel  Fig(ケイク キャラメル フィグ)

キャラメルパウンドケーキの中にイチヂクがしきつめられています。

シナモンとバニラの味がアクセント。

ケイクの上にはヘーゼルナッツ香るダックワーズを絞って焼いています。

ダックワーズはサクサクしてるかと思いましたが、さすがにサクサクはしておらず、下のケイクと合わせて、とてもしっとりとしていました。

イチジクの粒々が食感のアクセントに。

 

最後に

徳永シェフのお菓子たちは、特にチョコレートのこだわりを感じました。

ヴァローナ社の特徴のある高級チョコレートを、そのチョコレートに合った素材と掛け合わせて、ケーキを創っていく。

ケーキの中の生地は多めですが、濃厚で繊細なチョコレートムースなので、バランスがとてもよいです。

ヴァローナ社のチョコレートの価格は他社のチョコレートより少し高めなので、その分ケーキの価格も少し高くなってしまうと思うのですが、見た目の美しさ、口溶け良く上品な後味のケーキなので納得の価格です。

とても美味しく頂きました(〃∇〃)

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

それではまた( ・ิω・ิ)

コメント

タイトルとURLをコピーしました