スポンサーリンク

【CRIOLLO クリオロ】小竹向原駅でおすすめのパティスリー!絶対食べたいケーキがここに!

【東京都】
スポンサーリンク

クリオロ

クリオロ本店

フランス・プロヴァンス出身のパティシエ「サントス・アントワーヌ氏」。

フランス、スイス、イギリスなどヨーロッパ各地でシェフパティシエを努めた後、飴細工のバランスの感覚を養おうと生花を学びに来日。

2003年 小竹向原駅に、パティスリー「エコール・クリオロ」をオープン。

2009年には「世界パティスリー2009」において、最優秀味覚賞を受賞するなど、世界的にも高い評価を得るシェフとして、様々なメディアや雑誌にも取り上げられています。

数多くの受賞歴を持つサントスシェフのこだわりは、素材本来のもつ特徴を活かすことを大切にしています。

食感はカリッとしたものはカリッと。

ふわっとしたものはふわっと。

いろいろな味を混ぜすぎないように、食べた人に伝わるようにすることも大切にしています。

 

 

サントスシェフの著書もご紹介いたします。

 

 

 

アクセス

所在地:〒173-0036
東京都板橋区向原3-9-2 サントスビル1階

営業時間:10:00~18:00

定休日:火曜日(祝日の場合は営業)

TEL:03-3958-7058

FAX:03-3958-7458

アクセス: 東京メトロ有楽町線・副都心線 小竹向原駅下車。3番出口から徒歩3分。

 

駐車場:なし

※掲載情報は変更になる可能性もありますので、公式ホームページでご確認下さい。

 

 

店舗紹介

オシャレで素敵な外観です。

さっそく店内へ。

焼き菓子ギフト菓子が数多く並びます。

フランスへ行った時に感じた感覚を思い出しました。

日本のパティスリーでは感じられない独特の感覚です。

店内で売られていた「クリオロカレー」は面白くて衝撃でした。

パティスリーにカレーって^^;

フランス人独特の感性でしょうか。

お客さんをお菓子だけでなく楽しませてくれます。

ヴィエノワズリーも充実!

さらに見て下さい!

このワインの種類!

写真はほんの一部です!

パティスリーでこんなにワクワクしたことはないかもしれません!

ショーケースのショコラとケーキたち。

他のお客さんが多くケーキの写真が1枚しか撮れませんでした^^;

 

購入したケーキたち

  • ガイア(¥650税込)(右上)
  • ニルヴァナ(¥580税込)(左上)
  • ジャック(¥650税込)(右下)
  • コック・ルージュ(¥560税込)(左下)

 

購入すると店内奥のイスで待つ場所がありました。

待ってる間の店内はこんな感じです。

以前はカフェスペースで利用していたそうですが、コロナ禍でカフェスペースは閉店されたそうです。

ジャパンケーキショー 連合会会長賞!

こちらも見て下さい!

ジャパンケーキショーで日本一に輝いた作品も飾ってありました!

ジャパンケーキショーで撮影した写真はこちら!

クリオロさんは毎回コンクールで素晴らしい成績を残されています。

この作品の繊細さも、ケーキ一つ一つにしっかり影響していて、全てのケーキのクオリティがとても高いなと感じました。

 

ガイア

国際コンクール「世界パティスリー2009」アントルメ部門優勝作品です!

シンプルな見た目のケーキだが、バニラの滑らかなムースと、ほろ苦いキャラメルの組み合わせ。

厚めのスポンジもしっとりしていて、ケーキ全体の固さのバランスもとっても良いです。

ピーカンナッツのサクサクの土台がアクセント。

全体的に重すぎず、軽すぎず、どんどん食べれてしまいます。

シンプルなだけに繊細な美味しさがが際立つ一品です。

 

ニルヴァナ

こちらは「世界パティスリー2009」のプティガトー部門優勝作品です!

上から下までいっきにフォークが通ります。

口溶け滑らかなチョコレートムースに、ブラックベリーティムース、ブラックベリーのゼリー、シロップが染み込まれたチョコレート生地。

濃厚なチョコレートの中に上品な紅茶の香りがふわっと感じられる、おしゃれな味わいのケーキです。

 

ジャック

トップオブパティシエ2016・ジャパン・コンクール優勝作品です!

眞砂翔平氏(当時スーシェフ)の作品です。

眞砂翔平氏は2021年10月に、日本橋兜町の渋沢栄一旧邸跡地、日証館でチョコレートとアイスのお店【teal】をオープンされています。

 

 

さてジャックというケーキに戻ります。

上からムースショコラ、キャラメルバニラ、クレームショコラ、ショコラのクリスティアン、ビスキュイショコラの組み合わせ。

キャラメルの苦味、濃厚チョコレートがしっかり感じられる、大人のケーキですね。

好みによりますが、思ったより苦いです。

口溶けはとても良く、ナッツのアクセントが美味しいです。

 

コック・ルージュ

軽い口溶けの苺のムースに、甘いバニラムースと酸味あるチェリーのコンポート。

表面のグラサージュの色は天然のチェリーのいろなんだそう。

美しいですね!

甘さと酸味のバランス良く、苺好きにオススメの一品です。

 

最後に

クリオロさん、ごちそうさまでした(〃∇〃)

ケーキの美味しさは日本のパティスリーで間違いなくトップレベルです。

口溶けがとても良く、しっかりした味わいなのに、軽めの食感でパクパク食べれてしまいます。

近ければ必ず常連間違いなしです!

また機会を見つけて伺いたいと思います!

他のケーキも食べたい!

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

それではまた( ・ิω・ิ)

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました